PS3 Linuxのためのブートローダーをインストールする

提供: PS3 Linux Information Site / Cell/B.E.のパワーを体験しよう
移動: 案内検索

Linuxのインストールの前に、PS3からGame OS以外のOSを起動できるようにするためのブートローダー(boot loader)をインストールします。

ブートローダーのインストールには、「PS3 Linuxのインストールに必要なものを用意する」で解説したPS3用のアドオンCD が必要です。(最新版(執筆時では20070817)のアドオンCDがあれば、ブートローダのインストールのために別途USBメモリやメモリスティック、SDカードなどの記録メディアを用意する必要はなくなりました。)

※ システムソフトウェア 1.60 から「他のシステム」のインストーラ (Other OS Installer)は必要なくなりました。

では、実際の手順を見ていきましょう。 まず、必要なファイルを準備して、それらのファイルをPCから記録メディアに書き込む手順について説明します。

目次

システムソフトウェアのアップデート

PS3にブートローダーをインストールする

  • アドオンCDをPS3に挿入します。
  • PS3の電源を切っていた場合、電源を入れて、XMBを表示させます。XMBが表示されたらコントローラのPSボタンを押し、コントローラが使える状態にして下さい。
  • XMBのトップメニューから「設定」を選びます。
  • XMBの「設定」メニューから「本体の設定」を選びます。
Xmb-system-settings.jpg
  • XMBの「本体の設定」メニューから「他のシステムのインストール」を選びます。
Xmb-otheros-install-1.jpg
  • 正常に読み込めた場合、次のようなメッセージが表示されます。問題なければ○ボタンを押して先に進んでください。
以下のインストールデータが見つかりました。
タイトル /PS3/otheros/otheros.bld
場所 ディスク (接続した記録メディアによって表示はかわります)
Xmb-otheros-install-2-160.jpg
  • インストールが完了すると、「インストールが完了しました。他のシステムを起動するには、[設定]の[本体設定]で[優先起動システム]を[他のシステム]に設定し、再起動してください。」というメッセージが出ます。ここで×ボタンを押すとXMBメニューに戻ります。
Xmb-otheros-install-3-160.jpg

ブートする優先システムを切り替える

  • XMBのトップメニューから「設定」を選びます。
  • XMBの「設定」メニューから「本体の設定」を選びます。
Xmb-switch-boot-1-160.jpg
  • XMBの「本体の設定」メニューから「優先起動システム」を選びます。
Xmb-switch-boot-2-160.jpg
  • 優先起動システムとして、画面の右端に「PS3」と「他のシステム」が表示されるはずです。ここで、「他のシステム」を選択してください。
Xmb-switch-boot-3-160.jpg


  • すると本体の電源を切るかどうかの確認画面が表示されるので、「はい」を選択して、電源を切ります。
Xmb-switch-boot-4-160.jpg

これで、他のシステムからブートする準備が整いました。

ブートローダーを起動する

  • ここから先は、USB接続のキーボードが必要になります。キーボードをまだ接続していなかったら、接続しておいてください。
  • 電源を入れる前にアドオンCD(PS3 Linux Distributors Starter KitのCD)を挿入します(2007年8月17日以前のアドオンCDのブートローダーを使用している場合には必要ありません)
  • PS3の電源を入れると、ブートローダーが起動して、「kboot:」というプロンプトが表示されます。ここのプロンプトでは、「ls」や「ifconfig」などのコマンドをいくつか入力することができます。
Kboot-prompt-1.jpg
  • この画面からFedora Core 6のインストールを開始します。ここまで来て、「やっぱりゲームができればいいや」と思ったら、「kboot:」プロンプトからps3-boot-game-os (v1.4より。v1.31までの場合は boot-game-os) と入力しましょう。もともとのゲーム用のOSから起動しなおすことができます。
Kboot-prompt-2.jpg

PS3 Linuxのインストールに戻る

個人用ツール
オープンソースプロジェクト